くすみの種類

堺市・堺東で美容鍼・ピーリングはお任せ下さい!!

くすみの種類

 

30代から多くの方が気になってくるのがお肌の『くすみ』です。

何となく顔色が悪い、疲れて見えるなど、印象を暗くし、実年齢よりも老けて見えてしまいます。

今回はくすみについてお伝えいたします。

くすみは他の肌トラブルと違い、自分では自覚しにくい事もあります。

例えば、フェンデーション浮いていて色ムラがある、メイクをしたのに顔色が悪い、顔のハリがない、透明感やツヤがない、顔色が暗いなどの症状があればくすみがすでに現れている場合もあります。

くすみには様々な原因と種類があります。それぞれに特有の原因や特徴があるのでご紹介します。

 

1、血行不良によるくすみ

疲れやストレス、運動不足、睡眠不足、冷えなどが原因で血流が悪くなると細胞に十分な栄養が届かなくなり、老廃物の排泄が出来にくい状態なるとむくみや、ターンオーバーサイクルを乱れさせることになります。その結果顔の赤みが失われ、顔全体が暗く見えてしまいます。

2、メラニン色素によるくすみ

紫外線によってシミと同様のメカニズムで出来るくすみです。紫外線によるダメージを受けるとメラニン色素が作られます。

メラニンが過剰に作られると色素沈着し、シミと同様にくすみを引き起こします。

3、乾燥によるくすみ

十分に潤いがあればキメが整い、お肌の表面は均等に光を反射しますが、乾燥肌によりキメが乱れると表面に凹凸が出来、それが影になる事により全体が暗く見えます。

4、ターンオーバーの乱れによるくすみ

加齢を始め、生活習慣の乱れなどによりターンオーバーサイクルに乱れが出てくると古い角質が残り、角質肥厚の状態になります。

するとごわつきが出たり、褐色がかり暗くくすんで見えます。

5、毛穴の汚れによるくすみ

毛穴の汚れには様々な原因がありますが、多くの場合は皮脂の過剰分泌やクレンジング、メイク落としが不十分な場合で起こります。また角栓が目立った場合にもお肌がくすんで見える事もあります。こうした汚れは肌が酸化し、過酸化脂質が出来て黒ずみ、顔全体が暗く見えます。

6、糖化によるくすみ

あまり聞き慣れないものですが、実はお肌も糖化します。糖質がタンパク質と結びつくと様々なダメージを与える物質を作ります。この糖化は美容には欠かせないコラーゲンやエラスチンを硬化させてしまう働きがあります。糖化による物質自体が黄褐色の為くすみの原因になります。

7、肌老化によるくすみ

加齢、菲薄化、紫外線など様々な原因でお肌の老化が起こります。お肌が老化するとコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなど美容には欠かせない物質が減り、ターンオーバーサイクルも乱れます。その結果お肌の角質が厚くなりくすみが目立つ原因となります。

当サロンのピーリングでは1回の施術でもトーンアップする事が多くあります。ぜひ一度お試し下さいませ。

 

#堺市#堺東#美容鍼#小顔#リフトアップ#たるみ#毛穴#むくみ

からだサロンSUNNY

大阪府堺市堺区北瓦町2-3-6 北條ビル4G

072-225-5017

karadasalon.sunny@gmail.com

karadasalonsunny.com