花粉症のメイクと美容鍼灸

花粉症とノーメイク

花粉症でノーメイクの方必見!
花粉症だと鼻がムズムズ、いくら噛んでも出てくる鼻水。
かゆくてたまらなくてずっと涙目。
こんな方が大半で
「花粉のおかげてメイクも取れるし、どうせマスクしてるし、ノーメイクでいいや」という方は多いのではないでしょうか?
メイクが崩れやすいのはわかりますが、実はノーメイクよりメイクをしている方が花粉対策になっているのです!
何故ノーメイクよりメイクをしている方がいいのか?
ノーメイクでいると花粉が肌に直接付着してしまいます。
花粉による鼻のむず痒さで鼻周りが乾燥してしまい、お肌の表面の角質がはがれてしまう状況になります。
そんな時に直接花粉がついてしまうと異常に反応してしまい、ひどい症状が出てしまう可能性があります。
なのでノーメイクではなく、かなり薄づきのナチュラルメイクがオススメです◎
クッションファンデなどで軽くメイクをしているだけでもかなり花粉症対策になるかと思います。
それに春は夏同様、紫外線も強くなってくる頃…お肌が直接紫外線を浴びないようにほんと軽くでいいのでメイクはしておきましょう!
今はよくても加齢と共にお肌のダメージがあらわれてきます。先手を打って、今のうちから出来るだけダメージを受けないようにマスクをしているからってノーメイクで出かけるのはやめて、ナチュラルメイクを心がけましょう。

・クッションファンデーション

パウダーファンデーションよりもマスクにも付着しにくいので、乾燥肌の方にはオススメです◎

・化粧下地にパウダー

これだけでもかなりの対策になります!パウダーがお肌をバリアしてくれます。時間がない時はささっとパウダーやお粉で仕上げてしまいましょう
リキットファンデーションよりはお肌をサラッとした状態にしておくのがベスト◎
パウダーなとでサラッとしている状態にしておくと花粉は付着しにくく落ちやすい環境になります。
お肌へのダメージも少なくなると思いますので、花粉の季節はサラッとしたナチュラルメイクにしましょう。
メイクがよれて崩れてくるのは、厚塗り化粧が原因だったりします。
厚塗り化粧は花粉関係なしにかゆみの原因になったりマスクやティッシュについてしまいます。これを機にナチュラルメイクに移行するのもいいかなと思います◎
目元のアイシャドウは崩れても目立ちにくいベージュ系の自然な色味を使用しましょう◎
濃いめのブラウン系やビビットカラーはこの時期だけは控えておきましょう。
まつげはウォータープルーフのマスカラを使用しましょう!目がかゆくて出来ない場合や充血している場合は、マスカラは控えておきましょう。
マスカラもナチュラルに。
出来るだけ一度塗りでおさえておきましょう。
透明マスカラでカールをキープするくらいでもいいですね◎
そんなこと言われても、もうメイクは出来ない!ってゆう時は耳全体をもんでみたり、押してみたり刺激を加えてみてください。
血行が良くなって、顔色のトーンもアップしメイクが出来る環境に整います◎
お家に帰ったらすぐにメイクオフ!
これは必見です!
少なからず花粉はついてしまっています。
なるべく早く化粧は落としてしまいましょう。
もちろんその後のスキンケアも忘れずに!
ダメージを受けた肌を労るように、しっかり保湿してあげましょう◎

花粉症の肌トラブルには美容鍼灸がオススメ

花粉症による赤みや乾燥などの肌トラブルはたくさんの方が悩まされているかと思います。

美容鍼灸ではお肌のターンオーバーサイクルを整えて、細胞の修復を早める効果が期待できます。

また美容鍼灸の施術後はお肌の吸収力が高まるので、ホームケアでの化粧水などの保湿も相乗効果が期待できます。

メイクやホームケア、美容鍼灸で今年の花粉の季節も乗り切りましょう!

からだサロンSUNNY

大阪府堺市堺区北瓦町2-3-6 北條ビル4G

072-225-5017

karadasalon.sunny@gmail.com

https://karadasalonsunny.com

<ネット予約・空き状況>

https://www.shinq-yoyaku.jp/salon/32129