口周りのシワ・たるみと美容鍼

美容鍼・ピーリングを堺市でお探しなら『からだサロンSUNN』へお任せください!

口周りのシワ・たるみと美容鍼

今回はたるみについてのお話です。

たるみと言っても「口の周り」や「目の周り」など場所によっても原因が変わります。

今回はたるみで気になる方が多い「口の周りのたるみ」のついて詳しくご紹介します。

口の周りのシワ・たるみの原因は?

たるみの原因は紫外線や食生活、乾燥などいくつもありますが、一般的によく聞く原因以外に

解剖学的に詳しい他の原因を2つご紹介します。

 

①舌の筋肉が原因の場合

顔の下半分のシワやたるみは舌の筋肉が関係していることがあります。

舌は表情筋の中ではインナーマッスルだと考えられています。

安静時の舌先の正常な位置は「上前歯の手前の歯茎」で、舌全体は上顎の天井に引っ付いた状態です。

舌の位置が下がってしまうと、口の中の圧力が弱まってしまい、顔の表情筋(アウターマッスル)

に代償的に力が入った状態になってしまいます。

嚥下(飲み込む動作)は睡眠時間も含めると1日に2000回ほど行われていると言われています。

調節や細かい動きなどを行なうインナーマッスルよりも、大きな動きを起こすアウターマッスルが

たくさん働いてしまう事によってシワ(マリオネットライン)や口周り全体のたるみに繋がってしまいます。

 

②姿勢不良

顔と姿勢は直接的に関係ないように思いますが実際には密接な関係があります。

頭には薄い筋肉はいくつかありますが、筋肉は『筋膜』と言う膜に包まれています。

この『筋膜』は一つずつの筋肉を覆うのではなく、他の筋肉とも繋がっています。

つまり、全身に筋肉を覆うスーツのような物です。

筋膜は持続的に引き伸ばされた状態が続いてしまうと元に戻りません。

例えばスーパーなどのビニール袋を引き伸ばすと元に戻らずに伸びたままの状態と同じです。

猫背などの姿勢不良によって『背中が丸くなった状態』や『顎が上がった状態』によって

どこかに引っ張る力が長い時間続いてしまいシワ・たるみの原因となってしまいます。

ケア・改善方法

では上記の原因に対してのケア・改善方法をご紹介します。

①舌のトレーニング

<1>顔を上に向けて口を開けた状態で、舌を鼻につけるように上に上げる。今度は反対に舌を顎につけるように下に伸ばす。

<2>口を『ほ』のと発声するときの形にすぼめて、下で左右の頬を押します。左右で10〜20回程行います。

<3>舌を前に思い切り突き出して15〜20秒キープ

<4>口を閉じた状態で舌先で右頬→上唇→左頬→下唇を押しながら回す。反対周りも忘れずに!

②姿勢改善

矯正などの整体施術を受けるのが一番の近道ですが、日常の中で自分で気をつける事も重要です。

<1>座った時でも立った状態でもお腹を凹ましながら力を入れる癖をつけます。

腹圧が高まった状態を作る事でまっすぐな姿勢になりやすくなります。

<2>椅子に座る際はなるべく深く座ります。これは長時間浅く座る事によって土台である骨盤が

前や後ろになって反り腰などの姿勢不良になりやすくなってしまいます。

③美容鍼施術

美容鍼によってシワ・たるみに対してアプローチすることが可能です。

リフトアップさせるように鍼を刺して、回数を重ねると細胞の代謝が上がり、ターンオーバーサイクルを

整える効果があります。またたるみの原因は頭皮にも隠れていると言われており頭皮にも鍼を刺して

あらゆる原因にアプローチします。

上記の姿勢不良やトレーニング方法なども併せて行うことが可能ですので、気になる方はお気軽にご相談ください。

 

堺市/堺東で美容鍼・ピーリング・パーソナルトレーニング ・ダイエット・骨盤矯正は当サロンにお任せ下さい!整体や交通事故治療も受け付けております。

#堺市#堺東#美容鍼#小顔#リフトアップ#たるみ#毛穴#むくみ#骨盤矯正

からだサロンSUNNY

大阪府堺市堺区北瓦町2-3-6 北條ビル4G

072-225-5017

karadasalon.sunny@gmail.com

https://karadasalonsunny.com

<ネット予約・空き状況>

https://www.shinq-yoyaku.jp/salon/32129