小顔ラジオ波のメリットとデメリットは?!

年末にかけて人と会う機会が増えると美容鍼灸やピーリング小顔矯正などの美容メニューの施術を希望されるお客様が増えてきます。

当サロンの小顔矯正は徒手の矯正の後に『ラジオ波』を用いてお肌もアプローチします。

そこで今回は『ラジオ波』のメリットやデメリットについてご紹介します。

ラジオ波のメカニズムは?

ラジオ波とは電磁波の一種で高周波機器です。

電子レンジの理屈とよく似ていてお肌の内部に振動を与えることによって分子を振動させて分子同士が擦れ合うことによって『摩擦熱(ジュール熱)』を発生させます。

この摩擦熱によって分子レベルで細胞をほぐし脂肪の分解を促したり、自然治癒力によってコラーゲンの生成(ヒートショックプロテイン)を促す効果があります。

また当サロンではラジオ波の後に『トーニング』を行いますが、この『トーニング』とは低周波の電流で、お顔にある表情筋を意識とは別に収縮運動を起こします。

表情筋は約30種類あり、日本人は欧米人に比べて30〜40%しか使えていないと言われてい、体と同様に使わない筋肉はどんどんと退化してしまうので、表情筋が衰えることでたるみや毛穴、シワなどの原因になってしまいます。

普段動かさない筋肉を動かして鍛えることによってお顔全体のリフトアップに効果的で。

また『ラジオ波』と『トーニング』は相性が抜群で、ラジオ波によってほぐれて分解された脂肪が、トーニングの筋肉の収縮運動で排泄されやすくなるので、相乗効果で小顔効果を引きだすとも言われています。

ラジオ波のメリットとデメリットは?

上記でメカニズムの紹介をしましたが、次にメリットとデメリットの一例をまとめてみました。

メリット

  • 浮腫みが取れることによる小顔作用
  • 脂肪の分解が促される為に起こる小顔作用
  • ヒートショックプロテインが産生されて張り・弾力の変化、たるみ改善によるリフトアップ作用
  • たるみの改善によって毛穴が目立ちにくくなる
  • ニキビ跡が綺麗になる
  • 血行が良くなることによるくすみの変化
  • 部分痩せのサポート
  • デメリット

  • 体にボルトなどの金属が入っている部位は施術が出来ない
  • 痛みはないが熱いと感じる場合がある
  • 毎日の施術や長時間の施術が出来ない
  • 直後はお風呂に入らない方がいい(施術の効果が薄れる為)
  • ローションを使用する為、お化粧を落とす必要がある
  • 妊娠中は施術が出来ない
  • 脂肪が少ない方は効果が実感しにくい

ラジオ波が出来ない方には美容鍼灸がオススメ

上記の項目の通り、ラジオ波にもメリットとデメリットが存在しますが、そもそも施術を受けれない方がいるという点が最大のデメリットと言えます。

お体であれば骨折の治療で金属が入っていたり、最近ではインプラントの方も多くいますが、インプラントも金属の部分がありますのでこれらの場合には施術を受ける前に事前にお店に相談してみましょう。

上記のいずれかの理由で『ラジオ波』そのものを受けれない方には『美容鍼灸』と言う選択もあります。

ヒートショックプロテインなどの効果を除いては、ニキビの早期修復や浮腫み、筋肉の異常な緊張が取れたり、血行を良くする作用などは美容鍼灸でも同様に感じて頂けると思います。

中には『針』が苦手な方もいますので、施術を受ける前に施術者の相談して自分に合った施術を選ぶことが重要です。

お顔の症状でお悩みの方は当サロンにいつでもお気軽にご相談ください。

ヒアリングをした上でお客様に合った施術プランをご提案させて頂きます♪

 

からだサロンSUNNY

大阪府堺市堺区北瓦町2-3-6 北條ビル4G

072-225-5017

karadasalon.sunny@gmail.com

https://karadasalonsunny.com

<ネット予約・空き状況>

https://www.shinq-yoyaku.jp/salon/32129